早漏と包茎の関係

2020年02月08日

人にとって性交は大切な行為です。
性交をしなければ子孫繁栄はかないませんし、また、精神的にも肉体的にも快楽を得られる素晴らしい行為です。
しかし、その性交のメリットを阻害してしまうものがあります。
それは早漏です。

早漏とは、性交を開始してからすぐに射精してしまうことです。
この原因として有名なのが、包茎です。
仮性、カントン問わず、包茎の場合、亀頭が常に皮をかぶっており、外部の刺激に極端に弱く、勃起時に亀頭が露出すると、その刺激に耐えきれずに射精してしまいます。
早漏は男性として、プライドが大きく傷つきますが、女性も男性の勃起持続時間が短ければ、肉体的にも精神的にも満足を得ることができません。
持続時間を長くする方法としては、挿入する前に、何らかの方法によって一度射精するということが考えられますが、これは早漏の根本的な解決になっていません。
あくまで問題は亀頭を覆う皮であり、そのためにもたらされる持続時間の短さです。
こうした問題を解消する方法として、最も確実なのが、包茎治療で、特に包茎手術です。
包茎手術は、手術といっても入院するような必要はなく、大体1時間程度で完了することができます。
ただし出来栄えは、一般的な病院よりも、専門医の方がきれいに仕上がります。
その分、治療費は高くになりますが、一生悩むことを考えればそれほど大きな額ではありません。
また、医師により技術の差があるので、なるべく実績豊富な医師を選ぶことが重要になります。

このように、早漏は亀頭を覆う余分な皮を除去することで解決することができ、十分な持続時間で、男性のプライドのみならず、女性の精神面、肉体面共に満たすことができ、良好な関係を築くことができます。