• ホーム
  • 早漏を病院で治療する場合の費用

早漏を病院で治療する場合の費用

2019年07月29日

早漏は病気ではありません。
早漏というのはほとんどが見栄と思い込みの問題だからです。

「好きな女性と念願適って初めてセックスが出来た」「その結果入れたとたんに暴発してしまった」「慣れた女性に早漏とからかわれた」「女性にからかわれないようにバイアグラやシアリスを服用していた」「女性を満足させることができなかった」「ああ、早漏だ」という負のスパイラルです。

早漏を病院で治療する場合の価格ですが、準備のために酒を飲んでいた。
薬を服用していた。
通信販売のサプリを愛用していたのなら、それにかけていたお金をむしろ引き算すればよいのです。
セックスの相手が複数いてやっかいなことになっているのでしたら、女性のメンテナンスをすればいいのです。

「恋愛感情抜きにセックスのためだけに会っている女性が何人かいて、恋人や配偶者として付き合っている女性も何人かいる」のでしたら、病院に行くより、関係の清算にお金をかけたほうが利口かもしれません。

愛のあるセックスを長年続けていて、女性のメンテナンスがきちんと出来ていれば、女性は男性のことを大切にします。
誰も「早漏」などとは騒ぎません。

「念願適って初めてセックスが出来たのに、すぐにお別れしてしまったことが何人か続いている」のでしたら、悔しい思いをした女性が「あいつは早漏だ」と噂を流すこともあるかもしれませんね。

女性はセックスの相手に美男子を選びます。
ただし「美男子でも混沌とした浮気癖のある人は好きじゃない」という女性もいるでしょう。
「若い頃はモテモテだったのに、最近調子が悪い」という、モテない男性から見れば「羨ましすぎる」悩みをお持ちであれば、心療内科を受診するのがいいかもしれません。
費用ですが、健康保険に入っていて滞りなく保険料を納めていれば適用内で受診ができます。
気分が優れない状態が続いていれば、気休めに痛み止めや抗うつ剤などを処方されることがあるかもしれません。